看護師の募集がなくならない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

医療保険から病院に支給される診療報酬は、看護師数によって決まります。診療報酬の区分は看護師1人が対応する患者数によって、「15(患者数)対1」、「13対1」、「10対1」、「7対1」の4区分があります。看護師数が多いほど、診療報酬が増額されるので、看護師の募集合戦が起きています。看護師が増えれば、人件費の負担もアップしますが、それ以上に診療報酬が支給されるので、病院にとってはメリットの方が多くなっています。

看護師不足は以前から懸念されていました。過酷な労働や夜間勤務、急激な医療技術の進歩への不安や職場の人間関係、などのストレスから退職する看護師も数多くいます。そういった看護師不足の環境においても、新診療報酬区分という厚生労働省の方針によって、各病院は看護師の募集に力を注ぎ続けています。当然、看護師は勤務条件や就業環境の良い大学病院などに集中する傾向にあり、地方の病院や中小の病院は看護師不足が深刻な状況になっています。

確かに「7対1」の看護にすると、看護師1人の受け持つ患者数を減らすことができるので、直接的ケアの時間を増やすことができます。また、看護師が増えれば夜勤体制を拡充することもできるので、夜間の緊急入院も受け入れられるようになり、急病人のたらい回しがなくなるかもしれません。しかし、看護師の募集数を増やしても、定着しなければ看護師不足は解消しません。「託児所の整備」、「就業環境の改善」などが急務になっています。